イエイ評判

2LDKの中古マンションを200万円高く売却することができました

私は2003年に、2LDKの間取りで、築10年の中古マンションを1300万円で購入して、それ以来13年間生活し続けていました。しかし、今年になって広い間取りのマンションに買い換える必要が出たため、売却しました。不動産査定の結果、売却価格は1500万円でしたので、購入時と比べて200万円高い金額で売却することができました

 

 

私は、購入時の価格よりも少しでも高い金額で売却したいと思いましたので、どうすれば良いか考えました。そこで、まずはリビングや洋室の壁紙(クロス)を貼り換えることにしました。クロスの貼り換え費用は数万円で済みますので、少しでも清潔感を見学者に与えたいと思ったのです。

 

次に、キッチンやトイレ、浴室の汚れをきちんと落としてから売りに出した方が、すぐに買い手が現れるのではないかと考えました。そこで、ハウスクリーニングを業者に依頼することにしました。キッチンの油汚れや、トイレの黄ばみなどは、専門業者に依頼して落としてもらわないといけないと思いましたし、キッチンやトイレなどが清潔になっていれば、見学者も気に入ってくださると思いました。また、値下げ交渉をされることはないと判断したのです。

 

さらには、和室の畳も表替えしました。畳の表替え費用は2万円程度でやってもらえますので、私に負担感はありません。クロスの貼り替えと、畳の表替え、さらにハウスクリーニングを実施しても20万円程度で済みました。これをやってから、不動産会社をとおして売りに出したのです。

 

そして、不動産会社への依頼方法も工夫しました。あえて1社にしぼって専属専任媒介契約を結ぶのではなく、5社の不動産会社と一般媒介契約を結んだのです。5社と契約を結べば、それぞれの不動産会社がチラシを配布したり、インターネット上に広告を出してくれると予想したのです。そして、その方が買い手が現れやすいと判断したのです。

 

結果的には私の作戦は成功し、マンションを売りに出して2ヶ月で買い手が現れて、しかも売り出し価格1500万円から値下げすることなく成約することができました。